株式会社アクセル社

タグ『火葬式』のページ一覧

お問い合わせはこちら

タグ『火葬式』のページ一覧

タグ『火葬式』のページ一覧

page

分骨とは、故人の遺骨を複数個所に分けて納骨することです。通常はひとつの場所に納骨しますが、代々のお墓が遠方にある場合や手元供養を行いたい場合などに分骨するという選択をされる方もいらっしゃい…

香典に包む金額を考える際に基準となる要素はひとつではありません。絶対的な金額の決まりはありませんが、基本的には故人との関係性で相場が決まりますが年齢によっても香典の相場は変わります。 相場を…

後飾りとは、火葬を終えて家へ戻ったご遺骨を一時的に安置する為の祭壇の事を指します。 後飾りを作る目的は安置だけではなく、故人の冥福を祈る場所であると同時に葬儀に参列できなかった方々が弔問して…

葬儀を執り行うにあたり参列者や参列予定者から供花を贈られる場合があります。そこで供花のお礼をどうしたらよいか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。供花のお礼は地域のみならず家庭に…

供花はお悔やみの気持ちを込めた弔意として祭壇などに添える花の事を指し「きょうか」「くげ」と読みます。訃報を受けた際に故人との間柄によっては供花を贈ります。1供花とは、故人へのご冥福を祈る弔…

法律では、亡くなってから24時間が経過するまで火葬しないという規定が定められています。息を引き取られてから納棺するまでの間に決めた場所へご遺体を置いておくことを安置と言います。安置にあたり搬…

お悔やみの言葉は故人を悼み、ご遺族に対して思いやりをもってかける言葉です。「この度はご愁傷さまでございます」「お悔やみ申しあげます」などのような言葉が代表的です。通夜や葬儀の場というのは非…

訃報を受けたり葬儀に出席したりした際には遺族の方にお悔やみの言葉を伝えます。その際遺族側として、どのような返事が適切なのかがわからなく不安だと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。1お…

食事の席でタブーとされる「箸渡し」ですが、箸渡しは火葬後の収骨の際に行う儀式である事からタブーとされている事は知っていても、箸渡しについて詳しい内容や由来・作法までは知らない方もいらっしゃ…

一般的に納骨は喪に服していた遺族が日常生活に戻るタイミングでもある四十九日に行うことが多いようです。しかし、納骨時期に決まりはない為、故人様との本当のお別れになる納骨は一周忌を目途にと考え…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。