あらゆる工夫により葬儀業界の常識を埼玉を中心としたエリアから覆してまいります

お問い合わせはこちら

葬儀の知識

対応エリア

埼玉県
所沢市を中心に入間市、埼玉市
東京都
瑞穂町、武蔵村山市、羽村市、福生市、東村山市、西東京市 など

お客様のお気持ちに寄り添った葬儀を埼玉を軸にお届け

葬儀の知識

ご満足いただけるサービスのための基本的な姿勢を忘れずに対応

これまでどうすればお客様にご満足いただけるかを追求し続けてきた結果、より安くより良質なサービスを提供する営業スタイルに辿り着きました。綺麗事に聞こえるかもしれませんが、本気でそう考えて埼玉を中心としたエリアでサービスにあたっています。
大切な方との最後のお別れの時に、料金を気にするあまり満足のいく葬儀ができなかったという話を時折耳にしますが、それではあまりに悲しすぎます。お客様に故人様との最後の時間をゆっくりと過ごしていただけるよう、しっかりとお客様の悲しみに寄り添っていきたいと考えています。

葬儀にまつわる?を解決します。

ここでは皆さんが疑問に思うことを随時更新しています。ご葬儀について分からないことや不安に思うことがあれば、私達にご質問ください。お客様のご状況に合わせてアドバイスさせて頂きます。

初めて葬儀をされる方へ

初めて葬儀をされる場合、何から手をつけたらいいのか、何を決めなくてはいけないのか、どんな葬儀にするのか、しっかりと計画立てすることはとても難しいことです。
また、突然の不幸では心は動揺してしまいがちになり、葬儀をされるまで「これで良いのか?」と不安を抱えられる方が多く伺えます。
当社では、後悔のないお別れをしていただくために、家族葬や一日葬・葬儀といった多様にある葬儀の形式からご要望に最も適した「プランの選び方」や、葬儀の規模やプランに合った「斎場・式場を決めるポイント」など、分かりにくい「葬儀について」をご案内します。
また、葬儀にかかる費用の仕組みや費用を抑えるコツなど、葬儀にまつわる疑問についても分かりやすく解説いたします。

葬儀の日程

通夜と告別式の2日間にわたって行う葬儀が一般的でしたが、最近では通夜を行わず告別式のみを行う一日葬や葬儀のみを行うお葬式も増えてきました。
告別式は友引の日を避ける方が多く、多数の葬儀場も友引の日を休業日としています。
もし日程が合わず、やむを得ない場合は、希望する葬儀場が休業日ではないか確認が必要です。なお、法律で死後24時間は葬儀ができませんのでご注意ください。

葬儀の場所

式場には、通夜から葬儀・告別式、葬儀までを一箇所で行える式場併設の葬儀場や、公共斎場・寺院などの貸式場、葬儀社の運営する斎場がございます。
公共の斎場を使用することによって式場使用料を抑えることができますが、式や葬儀を行う場所によって斎場のレンタル費用(式場使用料)以外にも、移動の霊柩車代やマイクロバス代などがかかる場合がございます。

葬儀の費用

葬儀費用はお葬式の規模や参列者の人数によって変化します。
「最終的には結局いくらかかるのか?」という支払い総額を当社では 斎場のレンタル費用や葬儀料など「施設にお支払いする式場料金」、飲食や返礼品といった「おもてなし費用」の3つの項目に分けて明示いたします。

葬儀の準備

ご葬儀を迎えるにあたり、用意しておくものや、考えておくべきことがあります。 以下に項目別に簡単にまとめてみましたのでご参考になさって下さい。また、もしもの時にあわてないように、アクセル社では事前相談をお薦めしております。 事前に相談して、十分に葬儀について理解しておけば、心にもゆとりができご安心いただけます。 ご相談はもちろん無料です。お困りのときはお気軽に弊社にご相談下さい。

宗派や寺院、墓地などの確認

故人様の宗派や、菩提寺(ぼだいじ)の有無や連絡先なども併せて確認しておくと安心です。
※菩提寺とは、先祖代々のお墓があるお寺のことです。
墓地をお持ちの場合は、どのような形態なのかも確認しておきましょう。
例)寺院墓地、公営・私営霊園、自治会管理墓地…など。 菩提寺がない方には、ご希望により紹介も承っておりますのでご相談ください。

お写真の準備

事前に選べるお時間があるようでしたら、あらかじめ候補を何枚か選んでおくことをお薦めいたします。
遺影写真は、葬儀後もご遺骨と一緒に後々まで飾ることになりますので、その方らしいお写真で、ご家族皆様がお気に入りのものを選んでおきましょう。

写真選びのポイント
・なるべくお顔が大きく写っているもの
・写りが鮮明なもの(傷や汚れが少ないもの)
・光沢紙タイプのもの
 (絹目調のものは網目が映り込み、鮮明に仕上がらない場合がございます)

印鑑の準備

役所へ死亡届の手続きをする際に印鑑が必要になります。
実際には、お忙しいご遺族に代わり弊社が届出を代行させていただく事がほとんどですので、ご印鑑をお預かりすることになります。
公的書類のためシャチハタは使用出来ませんが、重要な印鑑(銀行印・実印等)は避け、三文判などをご用意頂くことをお薦めします。

本籍の確認

死亡診断書に、故人の本籍と筆頭者(戸籍の一番最初に記載されている方)を記入することになるので、事前に把握していれば慌てずに済むでしょう。

ご安置場所のご検討

病院を出たあと、寝台車にてどちらにお連れしたらよいかを考えておきましょう。
住み慣れたご自宅に帰して差し上げるのが理想ですが、諸事情でご自宅に帰れないこともあるかと思います。 そうした場合は、弊社安置設備をご提案することもできますので、遠慮なくお申し出下さい

喪主の検討

通常は世帯主や配偶者、長男(または長女)などが喪主を務めますが、法事や墓参りなど、葬儀後の供養も執り行っていく責任がありますので、ご家族で話し合って慎重に決めましょう。

参列者の人数把握、連絡先名簿の作成

もしもの時に、葬儀の連絡をする際、いざと言う時になって名簿などの整理をするお時間はなかなかありません。

葬儀場の検討

葬儀場、斎場はご家族のご希望はもちろんですが、会葬者の利便性なども考慮して検討しておきましょう。
最近では、利便性が高い葬儀場併設の斎場を利用される方が多くなっておりますが、ご希望の日時、お招きする僧侶などのご都合もありますので、状況によって判断する必要があります。
実際の選定やお申し込みは弊社がサポートいたしますので、事前に2~3ヶ所候補を考えておかれると安心かと思います。
また、葬儀式場を選定する際にも参列者の把握は決め手となる大事な要素のひとつです。 会葬礼状、会葬御礼品、食事などを手配するためにも会葬者数を予測しておきます。

葬儀後の手続きについて

葬儀後には様々な手続きをしなくてはなりませんが、主な手続きの一覧は下記をご覧ください。

生命保険の受け取り手続き

勤務先でも加入の場合は必要書類を揃えます。住宅ローンも忘れずに。

国民年金受け取りのための裁定請求

住所地の市区町村の国民年金課、社会保険事務所で手続きできます。死亡者、受取人により遺族給付が変わります。

 

 

埋葬料又は葬祭費の受け取り手続き

会社の総務課、保険事務所(社会保険)市区町村の保険年金課(国民健康保険)などで受け取り手続き出来ます。

 

医療費控除による税金の還付手続き

医療費が10万円以上の場合、確定申告により控除の対象になります。
5、雇用保険の資格喪失届け
失業保険受給中の場合、遺族に手当てがあります。

故人の所得税の確定申告

確定申告をしていた場合は相続人が4ヶ月以内に申告します。

 

遺産分割協議書の作成

不動産、預貯金等様々な財産手続きに必要です。専門家へ作成依頼するのが無難です。 専門の弁護士・司法書士のご案内をさせて頂きます。

扶養控除異動申告

 

年末調整や会社の家族手当支給と関係します。

 

非課税貯蓄の死亡申告

 

預貯金等を相続した人が改めて課税扱、非課税扱の申告をします。

 

所有権移転登記、登録

 

相続財産のうち登記、登録の必要なものを確認します。

 

相続税の申告

 

税務署へ申告します。不明点があれば専門の税理士事務所をご案内いたします。

 

借地、借家の契約

地主、不動産会社への連絡してください。

 

株券、国債等の名義変更

証券会社へ連絡してください。

貸付金、借入金の権利移転、債務承継通知手続き

相続と関係します。多額の借金を残した場合相続放棄や、遺産の範囲内に限定して相続することもできます。
家庭裁判所へ手続きが必要ですので専門家に依頼をするのが無難です。

必要に応じて提携の弁護士や司法書士をご紹介させて頂きます。

銀行、郵便貯金の引き出し相続手続き

 

金融機関が死亡の事実を知った場合、相続手続きが終了するまで支払いを停止します。

 

自動車税の納税義務消滅の手続き

 

新たな所有者に納税義務が移ります。

 

NHK,電気、ガス、水道等銀行引落し口座変更

 

銀行、郵便局へ印鑑、通帳持参し手続きします。

 

運転免許証の返却手続き

公安委員会へお問い合わせ下さい。

 

電話加入権の承継手き

ご加入の電話会社へお問い合わせ下さい。

身分書、バッチ等の返却 勤務先への返却してください。

もしもの時に、葬儀の連絡をする際、いざと言う時になって名簿などの整理をするお時間はなかなかありません。

クレジットカードの失効手続き

クレジット会社へ、未払い金等の確認もします。


お客様の目線に立った安心の葬儀を埼玉を中心に低価格でお届け

お客様目線に立ち、低い金額でも質の良いサービスでご満足いただけるよう工夫を施しています。高い理想を掲げても、実際に無理をした経営を続けていけば会社が立ち行かなくなってしまうでしょう。コストを考慮せず利益を度外視した会社運営は、結果として埼玉を中心としたエリアのお客様を裏切る行為となってしまいます。しかしそれでも、より良いサービスやより高いご満足を追求し続けたいと、代表を始めとしたスタッフ一同で考えています。
そこでお客様のご負担を抑えるべく徹底的なコストダウンに向けた取り組みを行っています。運営費を始め、仕入れ・外注コストなどを徹底的に抑えることで「自分たちでできる事は自分たちでやる」をモットーに取り組み続けることが、低価格でも良質な葬儀をお届けし、ご満足いただくための方法と考えています。

お客様のご満足を第一に考えた葬儀プランを埼玉を中心にお届け

お客様一人ひとり異なるご要望のために、低価格からお選びいただけるメインのプランはもちろん、より高いご満足のためにオプションのサービスもご用意しています。慣れない葬儀について、ご不明点や聞いておかれたいことがありましたら何でもお気軽にご相談ください。
事前見積もり・相見積もりも承っていますので、ご納得がいくまで他社様と比較・検討されてください。大切な方と過ごす最後の時間である式は、後になって後悔することのないよう、料金も含めて細部までこだわり、ご納得された上で行うことが大切です。お客様にとってご満足のいく形で、細かな部分までご希望に沿った式を行うことを第一に考えています。こうした式を初めて取り仕切る場合も、埼玉の経験豊富なスタッフが全力でサポートいたしますので、安心してお任せいただけます。

価格表示やサポートが充実した安心の葬儀を埼玉を中心にお届け

何かと分かりづらくなりがちな料金プランについて、追加料金が少なく安心してお選びいただける表示を心がけています。通夜を行わず、費用と時間のご負担を軽減できる一日葬や、ご親族様や親しい間柄の方々のみで行う家族葬プランなどの各種のプランをご用意し「こちらに任せて良かった」と感じていただけるよう、尽力してまいります。
既に他社様で式のお話を進めていらっしゃるお客様も、お気軽にお問い合わせください。他社様とお比べいただいても、自信を持ってご提案できるプラン・価格設定となっています。また24時間365日、お客様からのお問い合わせを受け付けています。大切な方とのお別れは突然訪れるもので、お客様が戸惑われるのは当然のことです。ご不明点やお悩みなど、どのような事でも経験豊富なスタッフが丁寧にお聞きいたします。

お客様の声を活かしてより良い葬儀を埼玉を軸に目指します

大切な方をお見送りする葬祭業は、寄り添う心と奉仕する心を忘れてはいけないというモットーのもと、お客様のご満足を最優先に考えたサービスを行っています。大切な方の最後に向き合うお客様に、スタッフ一同で一緒になって寄り添っていきたいと考え、細部まで細かな配慮を忘れないことを心がけています。
故人様やお客様が一人ひとり違う人であるのと同じく「派手なことが嫌いだった故人のために、なるべく飾り立てずに見送りたい」「綺麗なものが大好きだった方のために、たくさんのお花を添えて見送りたい」など、理想の式にも一つひとつ異なる形があります。お客様が求めるサービスと理想のイメージを実現させるため、今後もお客様一人ひとりの声を大切に受け止めながらより良いサービスを目指してまいります。

安心の葬儀のため埼玉周辺の地域のお客様に明瞭な料金を提示

事業を展開するにあたり、本当の意味でお客様のご満足を最優先に考えた料金設定を心がけています。他社様でよく見られるような、別途料金・追加料金などの項目を多く設け、一見した料金だけを安く提示するのではなく、お客様にご満足いただけることを最優先に考えたプランをご用意しています。
各プランの中では、自社の安置施設のご利用や故人様のご搬送、ドライアイス・式の返礼品などを基本価格に含めた安心の料金表示を心がけています。より経済的・物理的な負担を少なくし、ご満足できる式を実現できるよう、会社として取り組んでいることなどについてブログから情報を発信しています。突然のことでどこに相談すれば良いのか分からないと感じているお客様にとって、会社について知っていただけるきっかけになればと考えています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。