株式会社アクセル社

お悔やみの言葉の返事について

お問い合わせはこちら

お悔やみの言葉の返事について

お悔やみの言葉の返事について

2022/03/30

お悔やみの言葉の返事

訃報を受けたり葬儀に出席したりした際には遺族の方にお悔やみの言葉を伝えます。その際遺族側として、どのような返事が適切なのかがわからなく不安だと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お悔やみの言葉について

お悔やみの言葉は知人の身内にご不幸があった場合やトラブルに見舞われた場合などに「あなたが心を痛めていることを悲しく思います」「私もあなたと同じように悲しい」と伝えるために使用します。代表的な言葉は「ご愁傷様です」や「お悔やみ申し上げます」といったところでしょう。まず「ご愁傷様です」という言葉についてですが、具体的にどういった意味があるかは意外と知られていないかもしれません。的確な返事ができるようにする為にも言葉の由来や意味をしっかりと把握しておきましょう。「ご愁傷様です」で使う「愁」の字は、「うれえる・うれい」と読み「なげき悲しむ・思い悩む」という意味を持ちます。また「傷」には、「きず・けが」以外にも「心をいためる・つらくおもう」といった意味を持ちます。これらの由来から「心をいためることを悲しく思う」ということを表現できる言葉であることが分かります。また、そこに丁寧語である「ご」と「様です」を付けることで、自分自身ではなく特定の相手に捧げる心遣いの言葉になることを覚えておきましょう。また、親しい関係の方に相手への冷やかしとして皮肉を込めて「ご愁傷様です」と言うこともあります。本来の使用方法とは異なりますが、なかには「ご愁傷様です」という言葉自体にマイナスなイメージを持っている方もいらっしゃるので注意が必要です。
続いて「お悔やみ申し上げます」という言葉は、「ご愁傷様です」をよりストレートに表現した言葉です。「故人が亡くなったことを悲しく思い、弔いの言葉を伝えます」という意味があり、ご愁傷様ですでがご遺族への心遣いがメインでしたが「お悔やみ申し上げます」の場合は、故人に対しても遺族に対しても悲しみの気持ちを伝える内容になっているのが特徴です。また、話し言葉ではないため文章中にも使用できます。

また「ご冥福をお祈りします」もよく使うフレーズです。「亡くなったあとの故人の幸福を祈ります」という意味を持ちますので、遺族ではなく故人へ向けた言葉です。言葉の前に故人の名前を付け「〇〇様のご冥福をお祈りいたします」と表現することもあります。ただし、注意が必要なのが「冥福」は仏教でのみ使用する言葉(浄土真宗は除く)ですので、キリスト教や神式の葬儀の際には使用しないのがマナーという点です。また、四十九日には故人が無事死後の世界に辿り着くと言われているためそれ以降の法要では使わないという特徴もあります。
「追悼の意を表します」という言葉も弔事の際に使用できる言葉です。追悼には生前の故人を偲ぶことや、故人が亡くなったことを悲しむという意味があります。そのため、「追悼の意を表します」とだけ伝えるのではなく「お悔やみ申し上げます」や「ご愁傷様です」といった遺族への心遣いを添えるのが一般的です。また、直接的な面識のない方に対しても使用できるという特徴もあり、災害や事件・事故などで亡くなった方に向けて使用することもあります。
親しい間柄の方には、上記でお伝えした言葉よりももう少しカジュアルな表現でお悔やみの気持ちを伝える場合もあります。例えば「大変でしたね・突然のことで寂しくなります・言葉が見つかりません・本当に残念・お力を落とされませんように」などといった言葉を使用する場合もあるでしょう。「ご愁傷様です」や「お悔やみ申し上げます」といった言葉と一緒に使うとより気持ちが伝わりやすくなります。

お悔やみの言葉の返事の仕方

身内に不幸があり自身が遺族だった場合、参列者や知人からお悔やみの言葉をかけられることがあるでしょう。実はお悔やみの言葉に対する返事の仕方に明確な決まりはありません。ただし、一般的に行われる返事のパターンはある程度決まっています。具体的な返事の仕方をいくつか紹介致しますので参考にしてください。
よく使われる返事のひとつは「恐れ入ります」です。似たような意味の言葉として「痛み入ります」も使用できます。この二つの言葉の意味は「相手のご厚意に恐縮する」「心苦しいほどありがたく思う」といったような意味がありますので、どちらもお悔やみの言葉を言われた際の無難な返事といえるでしょう。また、「恐れ入ります」と一言伝えた後に今の心境や家族の状況などを伝えるとより丁寧で心遣いをくれた方へのお礼の心を伝えやすくなります。
また「ありがとうございます」と返事をするの一般的です。この際には以下のように言葉を付け加えて使用します。

「ご丁寧にありがとうございます」
「お心遣いありがとうございます」

などという様に気遣ってくれている気持ちに対する感謝であることがしっかりと伝わるような配慮が必要となります。この言葉を使用する際は、単体で使用しないように気を付けましょう。
また、お悔やみの言葉の返事には「生前はお世話になりました」という言葉も使用できます。生前故人が親しくしていた方に感謝を伝えるための言葉です。この言葉を伝える際には「恐れ入ります」「お心遣いありがとうございます」などといった他の言葉と一緒に使用することでより自然に気持ちを伝えることができます。
実際に大切な方が亡くなった際に、気持ちに整理が付かず返す言葉が思いつかないこともあるでしょう。そのような際には何も言わずただ一礼するだけでも問題ありません。相手のほうに体を向け深くお辞儀をしましょう。「ご愁傷様です」と声をかけてくれたことに対する感謝の気持ちは黙礼だけでもしっかりと伝わります。
この様に返事の仕方に明確な決まりはありませんが言葉の選び方で気を付けたい点はあります。「重ね重ね・くれぐれも」などといった重ね言葉や、縁起の悪い言葉など忌み言葉は使用しないように気を付けましょう。不幸が続くことを連想させる可能性もありますので、弔事の場での使用は避けるのがマナーです。忌み言葉については別の記事内にて詳しくお伝えしていますので併せて参考にしてください。

お悔やみの言葉を掛けられる場面

お悔やみの言葉の中でも「ご愁傷様です」は話し言葉なので、自分と相手との会話の中で使用するのが一般的です。そのため手紙や弔電など文章として表すときには使いません。今回の記事では口頭でのお悔やみの言葉に対する知識に焦点を当ててご紹介いたしましたので、具体的にどの様な場面でお悔やみの言葉を言われるのかを併せて確認していきましょう。それではいくつかのシーンに分けて具体例をご紹介致します。
まずは「会葬時の挨拶」が挙げられるでしょう。葬儀やお通夜に参列する際には、ご遺族に対しお悔やみの言葉をかけるのが一般的です。参列者が遺族に声をかける主なタイミングは以下の通りです。

「受付の際」「焼香の際」「会食の際」

また、上記以外にも参列者が遺族の近くを通った際にも声をかけることがあります。その為、タイミングは人や場合によって様々と言えるでしょう。親戚や友達だけでなく取引先の方や目上の方へといったビジネスシーンでもお悔やみの言葉を掛ける場合があります。会社関係者の葬儀に参列したときには勿論ですが、取引先や同じ会社など不幸を聞いた際にはお悔やみの言葉を掛けることもあるでしょう。

ここまでお悔やみの言葉が使われる代表的な場面についてお伝え致しましたが、その場面は実に様々です。お悔やみの言葉を掛ける際には「遺族の方に寄り添いたい」といった想いや故人様ならびにご遺族の方を想って声を掛けることでしょう。その際には心遣いをくれた方へのお礼の心を伝えられるよう、お悔やみの言葉への返事の仕方を知識といて蓄えておくと安心でしょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。