株式会社アクセル社

清め塩の意味と使い方

お問い合わせはこちら

清め塩の意味と使い方

清め塩の意味と使い方

2022/02/23

清め塩の意味と使い方

葬儀に参列した際に会葬礼状などと一緒に塩を渡されることがあります。この塩はお清め塩といい、身体を清めるために使います。

清め塩とは

清め塩は、本来神道で行われてきた儀式です。神道では死を穢れ(けがれ)と認識していたため、葬儀に携わったものは穢れを受ける為、身を清めなければ日常生活に戻れないとされており、塩を体にまくことで「穢れがはらわれる」と考えました。葬儀の帰り道に海辺でみそぎをしたり、手に塩を付けて洗ったりしたていた事もその様な背景からくる行為です。
しかし、仏教では神道とは死に対する考え方が異なるため、このような清めの儀式を必要としません。特に浄土真宗においては死による穢れを強く否定する考えを持っており、清め塩についても適切な儀式でないと認識されています。
このように清め塩に対する意見が分かれる中で、昨今において特に都心部では葬儀の際に、会葬御礼の挨拶状と共に小さな袋に詰められた清め塩が配られることが多くなりました。大きな葬儀では出口のところに塩が敷き詰められた一角が用意され、会葬を終えた人々がその塩を踏んで外に出られるようになっている場合もあります。このように清め塩という儀式が広く行われているのは日本古来の宗教が神道であるためです。近年では神道と仏教の境界が曖昧になっている部分もあり、仏教でも塩をまいて身体を清めるケースは多く見られます。
清めの塩は宗教によっても判断がわかれるもので、必ず行わなければいけないということはありません。慣習的に行っていることがほとんどで、気にならないようであれば行う必要はないともいえます。逆に清めの塩が用意されていなくてもご自身で気になるのであれば清め塩を行っても構いません。清めの塩をするか否かはご自身の気持ちに従って判断すればよいでしょう。

清め塩の使い方やタイミング

塩を体にまく適切なタイミングは、葬儀から帰宅した際に玄関をまたぐ前に行うのが基本的なマナーとなっています。清めないまま玄関に入る行為は穢れと一緒に家へ入ることを意味すると考えられている為、葬儀で清め塩を受け取った場合は忘れないよう備えておくと良いでしょう。
葬儀で清め塩を受け取らなかった場合には、近隣のコンビニなどで塩を購入しても問題ありません。すでに家族が帰宅している・家族が在宅しているのであれば、玄関に入らないよう手渡しで塩を受け取っても良いでしょう。また、地域によっては玄関をまたぐ前ではなく移動のために利用した車等に乗り込む前が適切とする場合もあります。
塩を用いてお清めする予定がある方は、適切な流れを理解しておきましょう。具体的な清め塩の使用方法は以下の手順になります。

清め塩の正しい使い方

塩をひとつまみ取る
胸に振りかける
手で軽く払う
肩や背中に振りかける
手で軽く払う
足元に振りかける
手で軽く払う
落ちた塩は踏むようにする

基本的には胸・背中(肩)・足元の三か所に振りかけて穢れを払います。一人で背中に手を回すのが困難な場合には、肩の背中に近い位置に振りかけるか他の人に手伝って貰いましょう。中には足元に軽く振りかけるだけといったケースも見られますが、負担に感じないのであれば正しい方法でできると安心でしょう。

葬儀におけるお清めとその他の注意点

葬儀におけるお清めは清め塩だけではありません。なぜならば食事もお清めの一つになる為です。通夜の後には通夜振る舞いを行いますが、これをお清めと呼ぶことがあります。 食事には生きるための活力を得るという意味もあるため、葬儀で落ち込んだ気力を回復させたり、邪気を払ったりする役割があります。また、通夜振る舞いの席では酒も振る舞われますが、酒にも邪気を払う力があるとされています。日本神話においても祓いや清めのために酒がよく使用されており、酒は神が作ったともいわれているため神聖な力があるものだとされているのです。
また、先にもお伝えしてきた通り、お清めは「死」に対して意味を持つ儀式です。そのため、故人との関係によって必要性が変わるものではありません。ただし、場合によっては身内に限ってお清めを行わないケースもあります。身内の死そのものを穢れとして扱い、はらおうとする行為に疑念が生じるためです。個人の考え方が影響する部分ともいえるため、遺族と相談して決めたり、ご自身のお気持ちに沿って決めると良いでしょう。
また、清め塩を忘れてしまった場合でも、なんらかの凶事が起こると決まったわけではありません。実際に清めるかどうかは本人の意思に委ねられます。不安に感じる場合は玄関まで戻り正しい流れで実践し直しましょう。場合によってはお清め用の塩を用意しない場合もあります。参列するまでその有無が確認できない場合は、あらかじめ玄関前に塩を盛っておくのも良いでしょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。